×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

黄色い涙の試写会に嵐が登場

「黄色い涙」の試写会が2007年4月1日に500組・計1000名が抽選、招待で行われました。黄色い涙の試写会は東京国際フォーラムで行われたのですが、犬童一心監督と出演女優の香椎由宇さんと、さらに嵐のメンバー5人が全員参加のティーチイン付きの黄色い涙の試写会となったのです。犬童一心監督が嵐の5人を主演に撮った「黄色い涙」は、「若者たち」で有名な故・永島慎二先生の漫画がオリジナルで、1974年にはNHKでテレビ・ドラマ化もされていたものです。脚本は市川森一さんなのですが、ドラマ版のシナリオを書かれており、映画化にあたって、是非にということでお願いをしたということを、黄色い涙の試写会の席上で犬童監督が話され、招待客も感慨深いものを持ったようでした。

黄色い涙の試写会の応募総数

「黄色い涙」の試写会の応募総数は、なんと30万通もあったそうです。黄色い涙の試写会は2007年4月1日に500組・計1000名が抽選、招待で、東京国際フォーラムで行われたのですが、黄色い涙の試写会の応募総数からすると、300分の1の確率のように思えますが、500組で1000人招待なので、実は600分の1の確率なのです。黄色い涙の試写会の応募というのはとんでもないほど確率が低い応募といえるものだったのですから、2007年4月1日に招待された人というのはとても幸運であるともいえるでしょう。ところで映画の内容は、東京オリンピックを控えた1963年の東京は杉並区の阿佐ヶ谷に夢を胸に抱く若者たちが織り成す人間模様を描いているのですが、すでにDVDとして販売もされていますし、レンタルもされているので、実際にご覧になってください。

黄色い涙の試写会の当選数は?

黄色い涙の試写会は2007年4月1日に抽選で当選された500組・計1000名を迎えて行われました。黄色い涙の試写会が4月1日に行われたのは、当選者に対してエイプリルフールという仕掛けをするためにというワケではなかったようですが、実際のところ、犬童一心監督と出演女優の香椎由宇さんと、さらに嵐のメンバー5人が全員参加のティーチイン付きという黄色い涙の試写会だったので、当選者にとっては、この4月1日という日がサプライズ付きの楽しいエイプリルフールになったようです。ところで黄色い涙の試写会への応募数は30万通もあったというのですから、4月1日に当選、招待された方たちというのは本当に幸運だといえるでしょうね。映画の内容も素晴らしいものなので、こころから楽しめたのではないでしょうか。

Copyright © 2007 「黄色い涙」試写会の応募で4月1日に当選して嵐に会う